1. HOME
  2. 院内案内
  3. 介護療養病棟

介護療養病棟のご案内

kita.jpg
当病棟は、楠本病院本館の北側に位置し、入院患者(利用者)の方が急性期治療終了後、介護保険サービスを中心とした長期療養の介護と医学的管理の整った施設で過ごされたあと、在宅支援を目標に柔軟なサービスを提供できる各事業所を併設しています。
 
1階に訪問看護ステーションあけぼの通所リハビリテーション(デイケア)居宅介護支援事業所があります。また、2階には、50床の介護療養型医療施設があり、要介護者・要支援者を対象に介護保険サービスを行っています。
 
 

北病棟(介護療養型医療施設)

北病棟には、介護療養型施設サービスと(介護予防)短期入所療養介護サービスを行っています。
 

 ▼当施設への入院またはご利用申込の方法  ▼入院・利用時に必要なもの 

 ▼退院・退所時の手続き

 ▼施設サービス費と居住費・食費の概要  ▼短期入所療養費と居住費・食費の概要

 ▼施設概要

 ▼入院時・利用時の定期請求書でのお支払方法
 
 

当施設への入院またはご利用申込の方法

●本館、一般病棟に入院中の患者様は、主治医や看護スタッフもしくは、医療ソーシャルワーカーにご相談ください。

●外部からの入院希望の方やショートステイご利用希望の方は、地域連携・担当するケアマネジャーの方を通してご相談ください。

●また、病院の施設ため、救急等の処置行為が発生した場合は、ご利用等の説明が難しくなることがありますのでご了承ください。

●必ず事前に、電話等でご連絡お願い致します。

  •  
 

ページトップへ

 

入院・利用時に必要なもの

●介護保険受給者証(申請中や更新中の方は資格者証)
●介護保険負担限度額認定証(対象者のみ)
●公費対象者の方・・・生活保護・特定疾患医療受給者証・原爆手帳所持の方など
●後期高齢者医療被保険者証や国民健康保険高齢受給者証など一部の医療行為を行う場合があるため(胃瘻交換やCT撮影など)
●重度障害者受給者証(対象者のみ)
●詳しくは、「入院に必要なもの」を参考にしてください。
 

ページトップへ

 

退院・退所時の手続き

●入院患者の方で、次の施設や自宅へ帰る予定が決まられましたら、早めに看護師長や看護スタッフにご相談ください。
※紹介状(診療情報提供書等)、看護サマリーの書類作成を行います。
※居宅介護支援事業所のケアマネジャーへの連携を図ります。
●請求書は退院時にお渡しします。本館1階受付にてお支払い願います。
※退院日が日曜・祝日または死亡退院の場合は、後日連絡させていただきます。
※更新申請中・変更申請中の方で退院時に請求書が発行出来ない場合も、後日改めて、連絡させていただきます。
 

ページトップへ

 

施設サービス費と居住費・食費の概要

介護療養施設サービス Ⅰ・夜間勤務等看護体制(Ⅳ)      
 (定員50床)
長期の療養が必要である方に対し、質の高い看護と介護体制をとり、療養上の管理や看護、また医学的管理下における介護及び機能訓練を行います。
 
◆サービスを受けられる方・・・介護保険の要介護度1~要介護度5に認定の方
◆入居時の費用・・・指定を受けた病院が運営する施設で、入居一時金は掛かりません。
 

①サービスの利用料 ※概算はいつでも応じます。

施設の体制 居住別 要介護区分 利用料
看護(6対1)、介護(4対1)
従来型個室 要介護1~要介護5 648~1,154円/日
多床室 要介護1~要介護5 752~1,258円/日
 
●サービス費に加算される費用
療養食加算(対象者のみ)、栄養マネジメント加算、初期加算、サービス体制強化加算、介護職員処遇改善加算
 
【特定診療費】
感染対策指導管理、褥瘡対策管理指導、初期入院診療管理(病棟移動は除く)、重症皮膚潰瘍管理指導、薬剤管理指導、理学療法の加算があります。
 
●退院時のみに加算される費用
退院前後訪問指導加算、退院前連携加算、退院時指導加算、退院時情報提供加算、老人訪問看護指示加算など
 

②居住費・食費(日額)

利用者負担段階 従来型個室 多床室 食費
第1段階
490円 0円 300円
第2段階 490円 370円 390円
第3段階
1,310円 370円 650円
第4段階 1,640円 370円 1,380円
 

③特別な室料・特別な食事(税別)

利用者の選択による部屋 室料(日額) 利用者の選択の食事
特別室(1人)
8,000円 17円(1食)
個室(1人) 3,000円
多床室(2人)
1,500円
※住居費(多床室のみ)H27年4月の改定にて、水道、光熱費の値上げに伴う変更となっています。(ショートステイも上記と同様の費用です)

ページトップへ

 

短期入所療養費と居住費・食費の概要

介護予防 短期入所療養介護サービス Ⅰ・夜間勤務等看護体制(Ⅳ) 【ショートステイ】
 (定員 介護療養施設の空床利用)
医療の必要性が高い利用者に対し、療養上の管理や看護、また医学的管理下における介護および機能訓練を行います。また、介護者のケアが目的もあるため、冠婚葬祭や旅行はもちろん、日頃の介護疲れを取りたいときに利用してください。
 
◆サービスを受けられる方・・・介護保険の要支援1~要介護度5に認定の方

 

①サービスの利用料 ※概算はいつでも応じます。

施設の体制 居住別 要介護区分 利用料
看護(6対1)、介護(4対1)
従来型個室 要介護1~要介護2 530~664円/日
多床室 要介護1~要介護2 586~741円/日
看護(6対1)、介護(4対1)
従来型個室 要介護1~要介護5 698~1,204円/日
多床室 要介護1~要介護5 802~1,308円/日
 
●サービス費に加算される費用
療養食加算(対象者のみ)、認知症行動・心理症状緊急対応加算、緊急短期入所受け入れ加算、サービス体制強化加算、介護職員処遇改善加算
 
【特定診療費】
感染対策指導管理、褥瘡対策管理指導、重度療養管理加算、重症皮膚潰瘍管理指導、薬剤管理指導、理学療法の加算があります。
 
重度療養管理加算対象の利用者
要介護4または要介護5に該当する方で、厚生労働大臣が定める状態にあり、計画的・医学的管理を行い、且つ療養上必要な処置を行った場合加算する。
 
【厚生労働大臣が定める状態】
●常時頻回の喀痰吸引を実施している状態
●呼吸障害等により人工呼吸器を使用している状態
●中心静脈注射を実施、かつ強心薬などの薬剤を投与している状態
●人工腎臓を実施しており、かつ重篤な合併症を有する状態
●重篤な心機能障害、呼吸障害などにより常時モニター測定を実施している状態
●膀胱または直腸の機能障害の程度が身体障碍程度等級表の4級以上に該当、且つストーマの処置を実施している状態
 
②居住費・食費
※介護療養施設サービスと同様
 
③特別な室料・特別な食事
※介護療養施設サービスと同様
 

ページトップへ

 

施設概要

詳しい施設概要は、別紙「重要事項説明書」をご覧ください。

 

ページトップへ

 

入院時・利用時の定期請求書でのお支払方法

●月末締め切りの翌月10日頃に請求書を発行します。エレベーター内に貼り紙にて掲示しますので、ナースステーションまでお越しください。
●お支払方法は、現金・振り込み等ご相談に応じます。
●お支払いは、本館1階 受付にてお願いいたします。
 
現在、介護中の方や介護を考えられている方へ
●介護は、ひとりではできません。
●介護は、ゴールの見えないマラソンのようなものです。だからこそ、無理のない介護をしましょう。
●介護は、いろいろな人が関わり、役割分担をして、皆様でどう関わっていくかを考えましょう。
その役割分担のひとつを、当施設へご相談くだされば光栄です。
 
 

お問合せ

介護療養病棟
〒721-0952 広島県福山市曙町3丁目19番18号(楠本病院)
TEL:084-954-3030(受付代表)
FAX:084-957-0237
メールでのお問合せはこちら
 
 
map_north2-04.JPG map_north2-05.JPG map_north2-07.JPG
介護療養病棟レクレーション(コーラス) 介護療養病棟レクレーション(演奏会) 介護療養病棟レクレーション(夏祭り)